人生の一番大きな買い物の住宅ローンだから計画を!

住宅ローンの借り換え、それぞれの選択

住宅ローンは、金利を「固定」にするのか「変動」にするのか という事や、

 

返済金額は何年にするのか、どの金融機関から借りるのか・・等、

 

色々と選ぶことが多いのだと改めて思います。

 

長い間にわたって返済する大きな買い物なので、適当に決めるわけにはいかないのは当たり前なのですが、

 

初めてで慣れない事も多かったですし、決めるまでの過程は、なかなかハードな体験だったように記憶しています。

 

数年先の経済さえ予想するのは難しいのに、30数年先の金利等は正直予想もつきません。ですから今後ローンの返済をしながら何年後かに、金利上昇リスクや返済負担の軽減を目的とした借り換えの検討をすることも必要になってくるでしょう。

 

詳しくは住宅ローンの総合比較サイトで案内されているのでよく読んでみれば、複雑な住宅ローンの借り換えに関する知識を深められると思います。→住宅ローン借り換えランキング比較 / 簡単な審査・金利と費用のまとめ

 

ですが、今手に入る情報だけでもよく調べて精査して、それぞれが納得できる住宅ローンが組めるのが理想なのだと思います。

 

その選択が正しかったかどうかは結果論なので、遠い未来にならないとわからないのですが・・。

住宅ローンを申し込んだときのはなし

わたしたちはマイホームを計画し始めてから、ハウスメーカー主催の住宅ローン講座に参加しました。

 

その住宅ローン講座では年収から計算し、どれくらいまでローンでき、月々の返済はどれくらいになるのかの計算方法を教えてくれました。

 

住宅ローンと頭金から総予算が出るので、ホームメーカーでプランや見積もりからどれくらいの予算がかかるか検討しました。

 

だいたいプランが決定すれば総予算がでたので、頭金をひいて住宅ローンを計算し、月々の返済が無理なかったので、銀行で仮審査をお願いしました。

 

それからホームメーカーと本契約をしてから、住宅ローンの本審査を依頼しました。一番ネックだったのは、中間融資です。思った以上の手数料がかかることがわかり、わたしたちは両親から借りて中間融資はしないことにしました。

 

いまでは月々無理なく返済することができています。これから住宅ローンの申し込みをする方は、専門家が開催する講座に参加したり、住宅ローン比較の総合サイトを熟読してから、満を持して申し込みするのを推奨します。大きな買い物ですから失敗は許されませんしね。