住宅ローンを組むためにおすすめの知識

住宅ローンはいずれ家を買うつもりなら抱える必要がどうしても出てくる負債です。自分にそんなに借金を抱えて行きたくはないという意見もあるでしょうが、やはり持ち家の選択は魅力的なものでいつ気が変わるかわかりません。

 

年を取ってから住宅ローンを組むとどうしても返済期間が足りなくて子供の世代にも影響が出たり、無理な支払いをする必要が出たりします。今はこれまでにない低金利の時代ですし、多少無理してでも頑張る価値はあるでしょう。

 

一部上場の企業であれば30歳くらいならば高ければ3500万円も貸してくれるそうです。都内のある程度のマンションならば手を出せる金額ですので、後悔する前に組んでしまうことを強くおすすめします。

早く安く自宅をもつならフラット35でリフォームを

 日本人は新築・自宅をとにかく尊びますが、ヨーロッパなどではご存じの通り、何百年もたったアパートをリフォームしながら住むのがあたりまえです。もちろん、気候の違いもありますが、文化・価値観の違いがもっと大きいでしょう。

 

 新築はとにかく高いです。それは新築ほどよく売れるからです。賃貸でも新築は人気があります。手垢や「因縁」がついてないからでしょうが、リフォームすれば「因縁」はともかく、手垢はきれいになくなりますし、かなり安く自宅をもてます。

 

 フラット35で資金を借り、中古住宅をリフォームして住めば、最初の自己資金はなんと1割ですみます。たとえば中古住宅価格2000万円、リフォーム800万円かかるとすれば、最初の貯金は280万円で済んでしまうわけです。金利は固定で2%未満ですから、ずいぶん楽だし、これを親子リレーで借りることもできます。これなら、老後をきれいなところで住みたい、という中年・老年の希望も叶えられそうですね。