住宅ローンを組むためにおすすめの知識

住宅ローンに必要な保証料

住宅ローンも、言い換えれば借金の一つです。そう考えると保証人が必要なのではないかと考える方もいるかもしれませんが、現在の住宅ローンで保証人が必要になることはほとんどありません。保証人の代わりに、保証会社が住宅ローン利用者の保証を行ってくれます。

 

ですがもちろん保証会社に保証人替わりになってもらうには、保証料と呼ばれる費用が必要です。

 

 

 

保証料は保証会社によっても少々金額が変わる場合がありますが、基本的に借り入れ額と返済期間によって求められます。一般的には35年の返済期間の場合、借り入れ1000万円当たりでは20万円の保証料が必要になるというのが目安になっています。これは決して小さな金額ではありません。

 

前述の通り、保証会社によってもこの金額は変わる可能性があります。また利用者の収入などの状況によっても保証料が変動する場合がありますので、まずは住宅ローンの借り入れ先として考えている金融期間に保証料について相談してみるといいでしょう。

必要な保証料はどれくらい? -住宅ローンの長期計画を立てよう関連ページ

どうせ組むなら早い時期に
車より住宅ローンがおすすめ
私の住宅ローンの見積もり
マイホームの夢をバックアップ